日本とオーストラリア文化の違い【知らないと恥ずかしい】

『オーストラリアへ留学!』って人やこれから『オーストラリアに旅行』するって方向けに日本とオーストラリアについてちょっと事前予習していきましょう!

オーストラリアの規模と人口数

面積

南半球最大の大陸オーストラリアその大きさは7,692,024㎢(約770万㎢)と世界で第6位の大きさ!因みに日本は…377,974.17㎢(約38万㎢)と世界で第61位!なんと日本の20倍の大きさ!

に比べて…

人口

オーストラリア:24,243,600人(約2,423万人)世界で第52位に対して日本は126,440,000(約1億2640万人)世界で第11位!んっ…?あれ?日本の約5分の1の数ってオーストラリア人少なっ!ほぼ台湾人の人口と一緒やん!

なので、

オーストラリアでは深刻な人手不足の為に移民やワーホリ者の受け入れが寛大

国民性について

どちらの国民性も善し悪しだと思います。

その事を冒頭で伝えときますね!

オーストラリア人

  1. 細かいことは気にしない性格
  2. 移民が多いことが影響しているのか他文化への理解がある
  3. 他人を受け入れることに関しては寛大でフレンドリー
  4. 自己中心な所がある ※私の偏見
  5. だから自分の個性を大事にする事が出来る

日本とオーストラリアで仕事していたオージーの友人から聞いた話では、オーストラリアの職場では、言いたい事は立場関係なく誰でも意見することが出来て、みんな家族の時間の為に定時には帰るそうです。

優先順位は自分の時間家族の時間

というわけなんですね。

日本人

  1. 細かい事が気になる(仕事・人間関係・作法)
  2. 本音と建て前があり何を考えているかわからない
  3. 移民に対していまだ抵抗がある
  4. 容易に他人を受け入れられない
  5. 人の目を気にする ※私もまだこれに当てはまると思います

とざっくりこんな感じです。

真面目で勤勉な職人気質の日本人。

これが褒め言葉なのかどうか私にも分かりませんが、「日本人は嘘を付かず、真面目に働く」と言ったことも言われており、それで他国の信用を買っているということは事実です。

その為、2019年も日本のパスポートランキングが単独1位です。

ビザなしで189ヶ国も訪れることが出来ます。

マナーの違いについて

オーストラリアであまりしない方がいい事

  1. 鼻をすすらない
  2. 特に熱いものを食べる時ズルズルって音をたてない
  3. シャワーは10分以内
  4. ピースサインで手の甲を相手に見せる行為
  5. 知らない人でも目をそらさない
  6. 買い物する時は、商品をレジスタッフに無言で渡さない

※1,は思いっきり鼻をかむ事は大丈夫みたいです
※2,食べている時はくちゃくちゃ食べたり、ラーメンをすすったりしないようにした方がいいです
※3,オーストラリア国が水不足国家なので、みんな水の節水意識が高い(朝シャワーとかあまりよくない)
※4,2本の指もしくは1本の指をたてて人に見せるのはやめましょう
※5,防犯の意識もありますが、知らない相手でも目があったら「ニコっ」ってします。
※6.物を買う時「Please」ぐらいは言えた方がいい

まとめ

この他にも日本とオーストラリアの善し悪しが沢山あると思いますが、どちらの文化も魅力的で双方色んな背景がありますので一概には決めつけられませんが、私がオージーと日本人の交流を持って鑑みたときに思った部分です。

以上、この記事が少しでも皆さんのお役に立てることを願っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP