【ワーホリ】費用これだけ!?断言、あなたの資金は増えます【オーストラリア】

今回は、「ワーホリに必要な費用」と「なぜオーストラリアへワーホリするとお金が貯まるのか」について紹介していきます。

ワーホリに必要な費用とは

渡航に掛かるもの(必ず必要なもの)

1.パスポート作成約1.5万円
2.オーストラリアVISA申請費用約3万円
3.飛行機代(片道分)約4万円
4.その他約1.5万円
合計 約10万円

人によっては、「語学学校」「生命保険」にお金をかける方もいます。

なので語学学校は国や都市によって金額が変わってくるので慎重に選びましょう!個人的には「フィリピン留学」をおすすめしますが、、

保険に関しては、日本の生命保険を利用すると、プランにもよりますが1年コースで「約20万円」します。私は、オーストラリアで現地の保険に入りましたので年間4万円の保険でした。もちろん、カバー出来る範囲は違いますが、、

渡航に掛かるもの(必ず必要なもの)

1.宿泊代(約1ヶ月)約6万円
2.食費代(約1ヶ月)約2万円
3.その他(携帯、移動費、娯楽、etc..)約2万円
合計 約10万円

以上のことから、最低20万円あればワーホリ出来ます!

※費用を気にしてこの記事を読んでいるという事は、渡航後仕事を探さないという事はまずないと思いますので、、

なぜオーストラリアへワーホリするとお金が貯まるのか

日本に滞在していた場合

これは、日本で仕事していた人は気づいていると思いますが、結論から言うと年金、保険、税金、固定支出金が少なくなって、その分浮いているからです。

例えば、日本にいた場合、、

年金は1年間でざっくり20万円
保険は毎月平均1万5千円の年間18万円

税金については大きく分けて国税と地方税の2種類ありますが、地方税で比べます。

国税と地方税の違いについてはこち

例えば、住民税の場合、私は田舎に住んでたので比較的安いと思いますが、年間で約15万円

そして、固定支出は私のケースで話しますね。

・家賃9万円/月(光熱費駐車代込)
・携帯1万円/月
・車ローン2万円/月
・車関係(車検、税金、保険のお金を月で算出)約3万円/月

合計15万円年間180万円

はい、ボーナスがなければカッツカツでした。

※お小遣いや消耗品等は除きます。もちろん貯金にまわす金額も..

という事は、固定支出金は年間180万円

年間総支出金合計が233万円

月にすると19.4166667万円と約20万円のお金が必ず出ていくんです!

なかには、年金と住民税は給料から差し引かれている方もいると思います。

が、しかし日本の若者や大卒でも初任給は、平均が手取り20万ちょっとのところ。

さらには、接待交際費といったお小遣いや、貯金をしようにも、たかがしれてます。

年間100万円貯金できる方がどれくらいるか知ってますか!?

20代での既婚者・単身者合わせて、77.6%もの割合の人が無貯金です。

20代の平均貯金金額の目安や調査データはこちら

若者が生きづらいという日本の状況が露呈しています。

海外(オーストラリア)に滞在していた場合

オーストラリアにはファームワークといって、農業の仕事をしている方が多いんですが、これがまた稼げます。

それに、オーストラリアのファームで少しいいところに行けば、1週間の給料が$800から$1000ちょっと。(手取り30万/月)

また、年金税金は一部返金されますが、

ここでは両方合わせて年間約22万円
保険は海外保険用で1年間20万円
住民税なし
固定支出金は毎月の家賃が約3万5千円(光熱費込)
携帯毎月2千円・・
以上。

なのでオーストラリアでの総支出額合計は86万4千円

日本にいたら233万円
オーストラリアが86万円

まず、年間で147万円がうきます!!

さ・ら・に・

毎年7月には年末調整でお金がもどってきました。

約10万円ぐらい、年金はこれから申請して戻ってくる予定です!

この事から、1年間で100万円の貯金は豪遊でもしない限りできます!

まとめ

結論からして、ワーホリした方がお金が貯まります!(断言)

特に、オーストラリアはとても稼ぐのにいい環境だと思いますので、ぜひこの機会にワーホリを検討してみてはいかかですか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP